*
失敗しない減量を!!女性にもお勧めの最強のダイエット食「沼」で健康的に痩せる方法 | ナウネタ!! - 今(なう)から使えるネタまとめ -

ダイエット

失敗しない減量を!!女性にもお勧めの最強のダイエット食「沼」で健康的に痩せる方法

更新日:

 

ダイエットって永遠の課題ですよね。

メディアで「納豆がダイエットに良い」「バナナがダイエットが良い」と放送されればスーパーから食材が姿を消すことも少なくありません。

それぐらいダイエットに興味のある人は多いです。

しかしダイエットは継続が難しく、辞めた後のリバウンドも怖いですよね。

そんなダイエットですが、ダイエットはダイエットのプロである筋トレ上級者に習う方が良いです。

今回はそんな筋トレ上級者の方が編み出した最強のダイエット食「沼」についてまとめました。

 

スポンサーリンク


最強ダイエット食「沼」について

「沼」とは

は、シャイニー薊(あざみ)さんが編み出した減量食のことです。

シャイニー薊さんは「マッスルグリル」というYoutubeのチャンネル内で独自の筋トレ方法や減量レシピを投稿しており、その中でもこの沼はSNS等で大反響のあったレシピでもあります。

動画や写真を見ていただくと分かりますが、イケメンな上にボディービルダーなのでとても綺麗な肉体をされています。専門学校に通い調理師の免許も持っています。

そんなシャイニー薊さんが「減量時にはこれしか食べない」と言っているのがこの沼なのです。

 

「沼」の効果

ビディービルダーは、筋肉を大きくする「増量期」と余分な脂肪を落としていく「減量期」を繰り返して体を仕上げていきます。

シャイニー薊さんは「沼を食べ続ければ体重マイナス5キロ、体脂肪は1ヶ月でマイナス5%は可能」であると仰っています。

食べないダイエットは栄養不足によって筋肉が痩せていくので体を仕上げられませんし、筋力の低下は基礎代謝を下げるのでリバウンドの危険もあります。

レシピは後述しますが、野菜等もバランス良く組み込まれておりカロリー制限も出来るため効果は絶大です。

 

「沼」の作り方

基本の材料は以下になります。

※10合炊きの炊飯器が必要になります。無い場合はその分の分量を減らしてください。

  • 米:272g(約2合)
  • 鶏胸肉(皮は剥ぐ):679g
  • オクラ:10本
  • 乾燥ワカメ:一掴み
  • 干し椎茸:一掴み
  • カレー粉:お好み
  • 水:1.8~2L

 

作り方は以下になります。

①米を炊飯器に入れます。

②乾燥ワカメ、干し椎茸を一掴みずつ炊飯器に入れます。

③オクラをヘタを取らずそのまま入れます。

④鶏胸肉を切らずにそのまま入れます。

⑤水を入れます。

⑥カレー粉を入れます。

⑦そのまま炊飯します。炊飯後は8時間程蒸らします。

これだけで完成してしまいます。

シャイニー薊さんの場合、寝る前に作り深夜に蒸らしておいて翌日1日かけて食べるようです。

 

水分を多めに入れているため見た目ドロドロの雑炊のような仕上がりになります。

食材をほとんど切ることなく入れていますが、蒸らすことで解れるため切る必要がありません。

シャイニー薊さんは、改良に改良を重ねて出来たものだと仰っています。

「オクラを入れたら鶏肉が柔らかくなった」「椎茸を入れたら良い出汁が出た」と研究していったそうです。

好みでアレンジしてみても良いと思います。

 

さいごに

筆者も普段筋トレをしており沼を1週間程試しましたが、お腹周りがスッキリしました。

筋トレや有酸素運動は必要になりますが、1番の効果的なカロリー制限は運動ではなく食事の制限です。

食べやすく栄養価も考えられたこの、ぜひ皆さんも試してみてください。

見た目は少し抵抗があるかもしれませんが「意外と平気」と実感いただけると思います。

スポンサーリンク








-ダイエット

Copyright© ナウネタ!! – 今(なう)から使えるネタまとめ – , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.